一戸建て・注文住宅・規格住宅(愛知)Join us HOME

尾張・あまエリア、名古屋市内でお家を建てるなら0567-67-6880
  • 見学会イベント
  • モデルハウス
  • 商品ラインナップ
  • 施工事例
  • 来場予約
  • スタッフ紹介
  • 家づくりコンセプト
  • 会社概要
HOME > スタッフブログ > Joi散歩 ~蟹江町須成周辺~

Joi散歩 ~蟹江町須成周辺~

今回のお散歩エリアは蟹江町のこちらです♪

蟹江町の須成地区をピックアップ。

須成はその昔、木曽川などが運んだ砂が堆積した場所を示す砂成(すななり)が、後になって「須成」という地名になったそうです。

今回はそんな須成地区の中でも須成祭の舞台となる冨吉建速神社・八剱社、龍照院の西側を流れる蟹江川沿いを南下しながら散歩してみました。

冨吉建速神社と八剱社は、2つの神社を合わせて須成神社とも呼ばれます。天平5年(733)行基により蟹江山常楽寺の鎮守として創建、寿永元年(1182)木曾義仲によって修復され、天文17年(1548)織田信長により再建されたといわれています。

本尊の木造十一面観音立像は胎内に寿永元年(1182)の墨書の銘があり、国の重要文化財に指定されています。また、境内には巴御前(ともえごぜん)ゆかりの大日堂や、秀吉お手植えの大銀杏(おおいちょう)があります。

 そんな冨吉建速神社・八劔社の祭礼として開催されるのが、須成祭です。須成祭は、「車楽船(だんじりぶね)行事」と「神葭(みよし)流し」に関わる一連の行事で構成されます。ちなみに、最初の行事から最後の行事まで約100日間かかるため、別名「100日祭り」とも呼ばれており、また、国指定重要無形民俗文化財にも指定されています。8月の第1土曜日に行われる宵祭では、公民館で宿囃子がおこなわれ、その後、提灯をともした巻藁船1艘が飾橋を出発し、祭囃子を奏でながら天王橋まで川を上ります。

翌日曜日の朝祭では、巻藁船から模様替えをし、大屋台に高砂人形を安置し、梅花・桜花が飾られた車楽船1艘が、祭船として稚児を乗せて宵祭同様、飾橋を出発して祭囃子を奏でながら天王橋まで川を上ります。津島天王祭も有名ですが須成祭もかなり大がかりなお祭りのようで一度は見てみたいですね。

続いて、蟹江川にかかる天王橋渡って住宅地の中を数分歩くと佐野七五三之助(さのしめのすけ)墓所があります。佐野七五三之助は新撰組の隊士です。前名を寺西蔵之丞(てらにしくらのじょう)と言うそうです。嘉永3年(1850)に父が死去すると、尊皇攘夷を志し名前を佐野七五三之助と改めて江戸へ出奔しました。元治元年(1864)10月に新選組に入隊し四番組に所属しました。慶応3年(1867)新撰組総員の幕臣取立に抗議し、新撰組からの離脱を企てましたが挫折し、京都守護職邸で仲間4人とともに自刃しました。享年32歳とも34歳とも言われていますが若くして命を絶ったことに変わりなく、志のために命をおとさなければならないというのは現代の私たちではなかなか理解しがたく悲しく思います。

先ほど渡った天王橋の袂には「祭人(さいと)」蟹江町観光交流センターという観光センターがあります。お土産物が売っていたり喫茶コーナーがあったり須成祭ミュージアムがあったり、さらには無料でレンタサイクルができたりもするのでおススメです。

そこからさらに徒歩で3分程南下すると御葭橋(みよしばし)があります。この橋は須成祭の巻藁船や車楽船が通る時のみ上にあげるという、珍しい巻上げ橋です。巻き上げるとは言ってもどんな感じなのか実際にみてみないと実感できないようながっしりした橋です。

続いて、南下すること約5分、飾橋に到着します。須成祭の時飾られた祭船に役者や供の者が全員乗船し、ここから天王橋に向けて出発します。祭船を飾ったことから飾橋の名が付けられたといわれています。

また天王橋を東に行くと香風園さんというお茶さんが手がける甘味処があります。お茶を使ったスィーツが色々味わえます。

同じく天王橋を東に2分程、南北に通る道路は信長街道とよばれています。この道はかつて若き織田信長(19歳ぐらいのころ)が、清洲攻めの時に通った道だと伝えられています。善敬寺(ぜんきょうじ)から清洲に通じる道です。車で通るには狭い道ですが、道沿いには寺社や酒蔵があります。

   

新型コロナウィルスの影響がなければ「祭人」でレンタサイクルをしてもっと色々な場所に立ち寄って楽しむことができるのになあと思ったりもしますが、緊急事態宣言が解除されたとはいえまだ全てが今まで通りにはいかないのが現状です。少しずつできることで楽しみたいですね。

このエリアの物件情報はコチラ

一戸建て:ここをクリック

土地:ここをクリック

マンション:ここをクリック

 

 

Copyright©Join us HOME All rights Reserved.