一戸建て・注文住宅・規格住宅(愛知)Join us HOME

尾張・あまエリア、名古屋市内でお家を建てるなら0120-930-013
  • 見学会イベント
  • モデルハウス
  • 商品ラインナップ
  • 施工事例
  • 来場予約
  • スタッフ紹介
  • 家づくりコンセプト
  • 会社概要
HOME > スタッフブログ > ジョイナスホームの人々~スタッフ編~

ジョイナスホームの人々~スタッフ編~

髙橋かおるインタビュー

 

 今回深掘りするのはジョイナスホーム建築部の髙橋かおる。寡黙にPCと向き合う時間が長いだけに日々何を考え、どんな仕事をしているのか。いろいろ細かく聞いてみました。

 

―まず、髙橋さんのジョイナスホームでの一日を聞かせてください。

 

髙橋:お客様と営業さん、それから業者さんとやりとりしたプランを図面にしたり、あとは発注業務なんかもしています。変わったことだと、確認申請のために自治会長さんのお宅へ伺って印鑑をもらったり、現場のレベルを測ったりもします。

 

松田:レベルも測るんですね!?(時々道路なんかで巨大な定規と望遠鏡を使ってやっているアレです)

 

髙橋:そうですね。とはいえ、図面を描いている時間が圧倒的に多いです。

 

 

―髙橋さんは2級建築士の資格をお持ちですよね。いつ、そもそもなぜ資格を取られたんですか?

 

髙橋:高校が建築科だったので、卒業後は自然に建築事務所へ就職し、そこで取得しました。

 

松田:建築科出身だったんですね。当時も今のようなお仕事をされていたんですか?

 

髙橋:そうですね。でも当時はまだ一部手描きで図面を描いていました。

 

―そうだったんですね。その後少し建築からは離れていて、なぜまたジョイナスホームというか、建築というフィールドへ戻ってこられたんですか?

 

髙橋:建築の仕事を一時離れてからは、建築の仕事をもう一度やろうとは思っていなくて、子育てのために早く帰れる仕事をしていました。でも、ようやく子育てが終わって、何かちゃんと仕事がしてみたいと考えていた時に、建築に携わっていた際の恩人の訃報を聞いたり、当時の仲間が変わらず建築分野で活躍している姿を見たり、高校時代の友人と話をする中でなんとなく建築のことを意識したのがまずはきっかけでした。

 

松田:なるほど。やっぱり建築が好きだったんですね。

 

髙橋:それが、実はそうでもなくて、それに、ブランクもあったのでいきなり設計士として復帰するのは不安だったんです。

そんな中、当時のジョイナスホームで出していた求人内容は、設計ではなく、営業サポートという内容だったので、それなら建築の経験もあるし、大丈夫かな?と。

 

―業務範囲に変化もあった中で実際入社してみてどうでしたか?

 

髙橋:最初はどんな仕事をするのかぼんやりとした中での入社だったのですが、いざ仕事をしてみて、図面をさわっているお客様と実際に地鎮祭等でお会いできると、お客様の幸せにつながる仕事をしていることが実感できてやりがいを感じています。

 

松田:お客様の反応を直接見られると嬉しいですよね。

 

―最後に、個人的には今度一緒にゴルフへ行くのを楽しみにしていますが、スポーツ全般好きなんですね。(11月に社内コンペを開催するため)

 

髙橋:ゴルフはまだまだですが、体を動かすことは大好きです。中でもバレーボールは今でも健康維持のために楽しく続けています。

 

松田:ありがとうございました。では今度のゴルフを楽しみにしています。

 

 

インタビューのお礼に恒例のオリジナルTシャツプレゼント。

 

【世に出ている名前】

 髙橋 かおる たかはし かおる

【所属している組織】

 ジョイナスホーム

 建築部

 

おうち探し専門店おうち侍:https://www.owari-ama-fudousan.com/

注文住宅のジョイナスホーム:https://www.joinushome.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright©Join us HOME All rights Reserved.